プロフィール

夢野サンママ

Author:夢野サンママ
はじめまして^^夢野家の母、サンママでございます。まんまる、ふわふわ、にーこにこで日々過ごしたいと願う今日この頃です!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

痴呆犬サンの一日
16歳と9ケ月で天に召された柴犬との思い出と、力強く生きる家族の毎日を綴ります^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトとひまわりと

ここ2週間調子が悪かったママですが、この2~3日、サンちゃんも夜熟睡モードだったので、助っ人に来てくれた友人と一緒に庭にトマトとひまわりを植えました。

 ここに引っ越してきて丸9年になりますが、今流行りの?腹心の友と言える人が見つかったのはラッキーでした。

 アンのいう腹心の友は『心の奥底を打ち明けられる本当の仲間 』ということですが、私の場合も自分が疲れ切ってしまう、上部だけの友達と時を過ごすのはもったいないというタイプに、いつの間にかなっているので、少数ですが、心置きなく話せる人がいます。
 それは、年齢や性別、出身地や国籍などに全く左右されない、また付き合ってきた年数とも違う、強い信頼関係で結ばれます。
初めてランキングに登録できました^^よろしくお願いします!




スポンサーサイト

続きを読む
サンちゃんのおもちゃ2
サンおもちゃ2
 今まで使っていたおもちゃよりも10cm以上背が高くなった、NO.2のおもちゃです。要するに、ごみ箱をもう一つ足しただけなんですが。。。

 実は、体力的に元気なサンちゃんは前のおもちゃによじ登り、落ち、またよじ登るという行動をし出したので、ちょっと危ないかもと思い、作り直しました。さすがにこの高さではぐるぐる回るだけです。

 でも、順応性がまだまだあるので、もしかするとこれも通過点かもしれません^^





胡蝶蘭
リビング蘭

 数年前、家族の記念日にもらった胡蝶蘭。窓辺でただただ、水やりをしていただけで、なんと今年は見事に開花しました。

 大学生の頃、勉強そっちのけで、お茶とお華の先生のところに通ったものの、生来の甘い物好きが功を奏し?お茶にはまっていった私ですが、それでも、花に囲まれる日常が心地よく、生活レベルには合わない頃にも、いつも花だけは身近においていたような気がします。

 とは言っても、育てるには至らず、枯らすこと専門だったのですがまさか、あの胡蝶蘭がまた咲くなんて!とてもハッピーな出来事の一つです。(何度チャレンジしても丸坊主になったのが、ベンジャミンです。)
 
 さて、今朝4時10分、心地よく目が覚めたのですが、横にいるはずの夫がいません。階段を下りて行くとかすかな寝息が聞こえます。
 もしかして、夜中に起きて、サンちゃんの面倒を見てくれたのかも?

 しばらして、目覚めた夫に話を聞くと、昨晩は12時過ぎから、3時過ぎまでぐずっていたとか、『今日は○○こちゃんにゆっくり眠ってもらおうと思って』やさしい笑顔で話します。結婚して30数年、いろいろな事がありましたが、人生色々、共に生きてきてよかったと思える瞬間です。

 夜中の疲れが出たのか、サンちゃんはスヤスヤ眠っています。
『さあ、今日も頑張っていこう^^ 』
 

昨日のサン🐕
昨日のサンは、久し振りに?何をしても暴れ回っていました。

 まず、お水を飲ませ、おしめを替え、落ち着いたと思ったので床に就いたんですが、すぐにワンワン。少し様子を見ようと、お布団をかぶって横になり、様子をうかがっていました。
 ところがすぐに、ウォー、ウォーン、その声はだんだん大きくなり、悲鳴に近くになったので、飛び起きてそばに行くと、首をねじって仰向けになっています。
 すぐに起して、またお水をやっても泣き止まないので、おしめを再点検すると、今度はうんち。気持ち悪いんだと思いすぐに取り替えても、またウォー!
 空腹なのかと、ご飯を少し上げると、食べる途中でウトウトし出しました。
時計を見るともう4時20分。もう一寝入りする時間もなく、お弁当作りを始めました。

 とにかく介護をするには健康第一。少しでも休まないと!と思いながら、写真掲載をあきらめました。
グッバイ、閃輝暗点!グッバイ、良性発作性頭位変換性めまい!

 60億分の3と言われた、インスリノーマも克服できたんだから、大丈夫^^
今日も元気で過ごしましょう!
 
サンと亡母
サン花壇で
 家の花壇に見とれるサンちゃんです。
昨夜はよく眠ってくれました。

 亡くなってもうすぐ10年が経過する母が認知症になったのは、70歳ぐらいの時でした。孫の学芸会に、娘である私と二人出かけたのですが、私が校庭で知り合いと雑談し、母のそばに戻ると、『どちらさんですか?』とけげんな表情で、私の顔を見つめました。

 最初は、関西人特有の?冗談かと思ったんですが、その表情は真剣そのものでしたので、ちょっと間を置き、『講堂に入ろうね。』と言うと、ついて来てくれました。孫の演技を見るころには、いつもの母に戻っていたので、毎日の忙しさに、いつの間にか忘れてしまっていました。
 
 それから2か月ほどたって友人が遊びに来た時、一緒に食後のお茶を楽しんでいたんですが、いつもなら部屋に戻るはずの母が、いつまでたってもテーブルを離れないので、不思議に思っていると、『お茶はまだか?』と真剣な表情です。
 学芸会のことを思い出し、母に何かが起こっているんだ、もしかしたら検査が必要では?と考え始めたのがその頃です。

1月19日富士山
富士山ブログ
 2014年、1月19日の富士山です。毎年一月初めに箱根神社にお参りし、その時行けなかった娘と一緒にもう一度参詣します。3日はあいにく曇りで拝めなかった富士山もこの日は最高の姿を見せてくれました。

 miniSDカードもまだ購入できず、カメラの写真を整理していたらこれが出てきたので、思わずアップしてしまいました。

 この頃のサンちゃんは、痴呆は出ていましたがまだ、大声で吠えることはありませんでした。2年前に、子宮嚢腫で手術してから、全くと言っていいほど吠えなくなったので、声帯に異常があるのではないかと心配していた位でした。

 ですから、初めて大声をあげて泣いたときには、ちょっとホッとした感があったんです。まさかそれが夜泣きになるとは思ってもいなかったので。。。


ママ病院
 昨日はとうとう病院に行った。
サンちゃんのではなく、ママの病院。めまいが少し落ち着いたので、まずはホームドクターに相談に行く。

 「過労、ストレスからきている『良性発作性頭位変換性めまい』ですね!」
過労か!?と言っても、ストレスいっぱいの仕事をこなしていた時と違い、サンちゃんの介護、家族の面倒?以外にさほどハードな仕事をしているわけでもないけど。。。

 いややはり、そこはアラ還?の身には堪えるのかもしれない。

 そういえばブログ一つにしても、画像のアップロードをしようとすると、サイズが大きすぎて、出来ないとか、携帯から古い画像をWINDOWS8.1に移そうとすると、miniSDカードが必要になったりと、独学でやり続けている身にとって、結構試練が続く。

 ご近所の80代のおばさまが、いそいそとパソコン教室に通われているのを見ていいなと思いながら、パソコンの中にあるマニュアルを見ながら、必死で作業する。

 そう言えば、『24のジャックバウワーの腹心の部下クロエだって、徐々に若い人たちに先を越されて行ったか!』などと考えながら、でも経験がものをいう部分も大きいから、まだまだ人の役に立っていかないとと、ほくそ笑みながら作業をする。
 
 元気なころのサンちゃんを早く載せたいな!そうそう、動画も!

屋上のサン
屋上のサン

屋上にいるサンちゃんは、パパに作ってもらった植木鉢のおもちゃで、よく遊んでくれます。

 ここ数日、寝不足やストレスで調子の悪かったママに代わって、パパやお兄ちゃんがサンを屋上まで運んでくれました。

午後になると、日陰になり、いい具合に風が吹いて、部屋にいる時よりもイキイキしている感じがします。

 夜泣きも徐々に治まる気配です。。。


夜泣き再開
P1030250ブログ

 この一週間、我が家のサンちゃんは夜泣き再開です。

もちろん以前のように、訳も分からず泣くのではないんですが、この写真のように転ぶと起き上がれず、『早く起こしてちょうだーい!』とばかり、元気に?大声をあげるんです。

 これにはさすがのママも、疲れがたまったのか、ダウン寸前です。 
昨日の朝は、突然閃輝暗点になり、横になりました。ストレス解消のランニングもお休みです。

 新たな難題に、試行錯誤の日が続きます。


痴呆犬のおもちゃの作り方^^
1.準備するもの
大小ゴミ箱と漬物重石
P1030368.jpg
2.小ゴミ箱の中に漬物重石を入れる。
P1030369.jpg
3.クッションになるもの(うちの場合は手芸用脱脂綿)を敷く。
P1030370.jpg
4.ビニール袋でくるみ、養生テープを使い、出来るだけ凸凹がないようにする。
(凸凹があると引っかかって、回りにくくなる)
P1030371.jpg
5.4の上に、大きなゴミ箱をかぶせ、台形型とし、同じく養生テープで固定し、その上から布を巻き付ける。
P1030372.jpg
 私の古いスカーフが、思わぬところで役に立っています^^
もっと詳しく、動画や写真をアップしようとしましたが、何せ数年ぶりのブログ再デビュー、残念ですが、なかなか思うようにいきません。
 
 さて、昨日2週間ぶりに、近くの動物病院に診察を受けに行きました。

 引っ越してきてすぐに通った病院と違い?、先生をはじめ、受付の方の対応も穏やかで、痴呆犬の介護に明け暮れる私たち夫婦にとってはとても癒しになる空間なんです。

 そのイケメン先生にブログの話をすると、ぜひ見たいと言って下さったのは嬉しかったんですが、まだ、数回しか書いていないこと、肝心の動画も掲載できていない。。。これは困ったなとばかりに、会社の決算もそっちのけで、ブログの更新となった次第です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。